Menu

北海道教育大学ホームページへ

ここからメインメニュー

メインメニューここまで

研究会?セミナー 研究会?セミナー

ここから本文です。

フォーラム

 Society5.0時代の学びと、アフターコロナ下の新たな教育の在り方を見据え、仮想と現実を組み合わせたハイブリット型授業をさらに高度化するため、センターの研究成果や、最先端の技術を活用したオンライン教育に関する研修会?セミナーを開催します。

時期予定 内容?登壇者等(開催予定を含む。) 開催方法?募集人数
第1回
2月27日

第1回セミナー(83.90 KB)
① 『センターの概要と方向性』
  北海道教育大学未来の学び協創研究センター長
? ? ? ?後藤 泰宏
② 講演『国の施策とセンターへの期待?要望』
? ? 文部科学省大臣官房審議官
? ? ? ?高口 努 氏
③ 講演『society5.0時代の学びを考える』
? ? 京都大学大学院教育学研究科准教授
? ? ? ?石井 英真 氏

オンライン開催
参加者 120名

第2回
4月25日

テーマ:GIGAスクール構想が始動した学校現場(60.11 KB)
① 講演『一人一台環境における学びを考える』
? ? 東北学院大学文学部教育学科教授
? ? ? ?稲垣 忠 氏
② パネルディスカッション
? 『一人一台環境をいかにして子どもの学びに生かすか』
? ? ?パネリスト:
? ? ? ? 間嶋 勉 氏(北海道長沼町教育委員会?教育長)
? ? ? ? 郡司 直孝 (北海道教育大学附属函館中学校?教諭)
? ? ?指定討論:
? ? ? ? 稲垣 忠 氏(東北学院大学文学部教育学科?教授)
? ? ?コーディネータ:
? ? ? ? 姫野 完治 (北海道教育大学?教授)
オンライン開催
参加者 83名
第3回
6月20日
テーマ:学びのユニバーサルデザインとICT活用(124.12 KB)
① 講演『1人1台時代のテクノロジーを使いこなせる学習者の
  育成を考える』
? ? NY州認定スクールサイコロジスト、早稲田大学講師
? ? ? バーンズ亀山静子 氏
② ワークショップ1『学習環境から学びのバリアを探せ』
  ワークショップ2『学習者主体のテクノロジー活用例を
          考えよう』
オンライン開催
参加者 131名
第4回
8月29日
テーマ:1人1台端末環境の実現を可能にする教育現場での取組(9.35 MB)
 講演1『「1人1台タブレット」授業での活用を考える』
     文部科学省ICT活用教育アドバイザー?
     札幌市立発寒南小学校?教頭
     朝倉 一民 氏
 講演2『へき地小規模校における1人1台端末の活用と
     遠隔交流授業』
     足寄町立螺湾(らわん)小学校?教諭
     籾山 修斗 氏
 講演3『1人1台端末を利用した学びを記録し蓄積する
     eポートフォリオ評価の実践』
     北海道教育大学附属札幌小学校?教諭
     河本 岳哉 教諭
?
オンライン開催
参加者 120名
第5回
10月9日
テーマ:ポストGIGAスクールを見据えたICT活用教育の在り方
 ~教員に求められるスキル,行政に求められる政策とは~

第1部 講演
   「ポストGIGAのために今すべきこと」
     株式会社情報通信総合研究所?特別研究員
                  平井 聡一郎 氏
   「ICTを活用すると子どもたちはこんなに輝く!」
     相模女子大学小学部?校長 川原田 康文 氏
第2部 パネルディスカッション
   「ポストGIGAスクールを見据えたICT活用教育の在り方
   ~教員に求められるスキル,行政に求められる政策とは~」   
    ○パネリスト
     株式会社情報通信総合研究所 特別研究員
                   平井 聡一郎 氏
     相模女子大学小学部 校長  川原田 康文 氏
     北海道教育庁ICT教育推進局ICT教育推進担当課長
                   行徳 善朗 氏
    ○コーディネーター
     北海道教育大学札幌校准教授 佐藤 正直
     
※対面&オンラインのハイブリッド開催を予定しておりますが、
新型コロナウイルス感染症の感染状況によりセミナーの内容に
変更が生じる場合がありますので、大学HP
()で最新情報をご確認ください。

?
対面&オンライン
のハイブリッド開催
対面参加
(20名)
オンライン参加
(80名)

?
第6回
11月23日
テーマ:高校から新しい探究的な学びについて考える~北海道の実践を通じて~(279.28 KB)

①講演『北海道の高等学校における探究的な学びの今後』
           篠原 岳司 先生(北海道大学)
②シンポジウム『北海道の実践に学ぶ高等学校の探究的な学び』
   ◆いま高校生に必要な学びとは何か
         村中 幸一 先生(北海道札幌啓成高等学校)
   ◆子供たちのミライのために大人?地域?社会が変態する
     ~藻岩高校の総合探究が目指すもの~
         長井 翔  先生(札幌市立藻岩高等学校)
   ◆「まなびじま」の教育
     ~「奥尻スピリット」の”これまで”と”これから”
         井上 暁史 先生、小山 知倫 先生
          (北海道奥尻高等学校)

   指定討論(篠原 岳司 先生)

③ディスカッション
?
オンライン開催
参加者 72名
第7回
2月23日
テーマ:学校教育におけるスタディ?ログの利活用とその効果を考える(151.52 KB)

①講演『授業における教育?学習データの分析?可視化と可能性』
           村上 正行 氏(大阪大学?教授)

②パネルディスカッション
   『子どもたちの学習データをいかに利活用するか』

 <パネリスト>

   「学習評価の立場から」
      長井 竜太 氏(札幌市立光陽中学校?教諭)
   「教材開発の立場から」
      木川 俊哉 氏(株式会社COMPASS?
              未来教育ユニット ユニット長)

   「授業実践の立場から」
      中林 浩子 氏
         (新潟市立小須戸小学校?校長)

      植田 一宏 氏
         (新潟市立小須戸小学校?教諭)


   指定討論 村上 正行 氏
   コーディネータ 姫野 完治(北海道教育大学?教授)


?




オンライン開催

?

本文ここまで

ここからサブメニュー

  • 受付フォーム